便利・御用聞き【たすく】

福岡市の粗大ごみ持ち出しサービス、お手伝い、代行、買取なら便利・御用聞き たすく へ
営業時間 9:00~20:00 店休日 火曜日

福岡市粗大ごみの処分方法

ゴミの種類って?

福岡市で生活している中で日頃馴染みのあるゴミと言えば、ほとんどの方が

可燃ごみ 不燃ごみ ペットボトル 粗大ごみ

だと思います、前提として袋を購入するものは袋に入るもの、片手で持ち上げても袋が破れないもの、となります。

では、それぞれを簡単に説明していきますね。

可燃ごみ:生ごみから紙類、ビニール類、衣類等の布、福岡市においてはプラスチック類が主に可燃ごみとなります、100円ライターやベルトや靴など金属の付く物も1割以下の割合であれば可燃ごみです。(ガスは空にするのが前提)

そう!福岡市ではプラスチックは燃えるゴミです、県外の方は知らない方が結構多いんです。

不燃ごみ:空き缶などの金属や割れた瓶などのガラス類、分かりやすく言うと鍋やフライパン、家電だとポットやトースターなどは袋に入れて処分可能です、月に1回の回収と頻度は少ないですが、普通に暮らしているならば十分な頻度です。(割れ物や刃物は紙やテープなどで包んで危険と表示してください)

ペットボトル・びん:特筆することはありませんが普通に割れていないびんとペットボトルです、ラベルとキャップをはがしてすすいでから袋に入れてください。

※福岡県下において地域によっては中身さえ入っていなければよい地域もあります

粗大ごみ:簡単に言うと上記以外のもの、ごみ袋に入らないものです、ほとんどの家具や家電でも重量のあるオーブンレンジなども入ってきます。

リサイクル家電品の冷蔵庫や洗濯機、バッテリー、タイヤ、パソコン、消火器、等市の施設では処理出来ないものもあります、基本的には販売店か専門業者へとありますが、また別の機会で紹介します。

詳しい内容は福岡市HPよりご覧ください

福岡市バナー
 

粗大ごみを処理する選択肢は?

福岡市の粗大ごみ回収を利用する、処理施設へ持ち込む、フリーマーケット・フリマアプリ等で売却する、リサイクルショップへ依頼する、一般回収業者へ依頼する

以上が主な処理方法の6つです、それではまたおおまかに説明していきます

福岡市粗大ごみ回収:粗大ごみ受付センターTEL 092-731-1153 へ電話にて受付ができます、他にもメールやLINEでも受付ができますが、正直言って仮予約となったり返事待ちがあった友達登録しないとだったりとやり取りが余分にかかりますので電話予約がおすすめです。

流れとしては電話にて頼みたいもの(今回は3人掛けのソファーとして伝えます)、住所・氏名・電話番号を伝えたのち搬出しておける場所(戸建てであれば玄関先、マンションなどは置き場はあるのか?鍵がかかっているか?など)も伝えてください、その後回収日を決め購入するステッカー金額と受付番号を言われるので受付番号は控えてください。

その後コンビニでステッカーを買い受付番号を記入して貼り付け、回収日のAM8:30までに搬出場所に置きます。(ステッカーには300円、500円、1000円の3種類あり3人掛けソファーだと1000円券になります)

時期にもよりますが、おおよそ5日~7日、長いときは10日ほど回収までかかります、余裕を持って予約されてください

1回に出せる個数が10点までと制限があり大きな家具などは運び出しが大変なのが難点です、しかし布団座布団などは3~5枚ほどならまとめて縛って出せば300円と金額面で安いのは助かります。

一応市のほうでの運び出しサービス(1ヶ300円~500円)もありますが65歳以上しかいない世帯や障害のある方、妊婦である等となかなか厳しい条件となっています。

処理施設へ持ち込み:自己搬入ゴミ事前受付センターTEL092-433-8234 

電話するとオペレーターの方が対応してくれます、どういう物を持ち込むのか伝えてください、可燃・不燃共ある場合西部工場での予約となると思います。

そこで住所・氏名・電話番号・持ち込む車両のナンバー・排出者本人の運転か?など聞かれますので答えると6桁の予約番号を伝えられるので控えを取ってください、また予約は当日でも可能ですが搬入予定時間の30分前までとなっており、14:30迄にご予約下さい。

料金:10kgまでごとに140円の費用が発生します。

燃えるごみ:東部工場・臨海工場・西部工場

燃えないゴミ(金属など):東部資源化センター・西部資源化センター

燃えないゴミ(陶器・ガラス):東部埋立場・西部埋立場

ほとんどの施設が平日の8:30~16:00までの受付となります

フリーマーケット・フリマアプリ:メルカリ・ジモティー・ラクマ・ヤフオク等へ出品して基本的に売却します、以前よりかなり手間は改善されていますが、おそらく一番手間と時間(梱包の手間は特に、または送料)がかかります、フリーマーケットでの対面販売も趣味と思ってやってみると楽しいですよ。

ごみの削減や売却益もありますので日頃から不要なものは処理しておきましょう。

手数料や受け渡し方法など一長一短ですので、ご都合に合うものをお探しください

リサイクルショップへ依頼:手間というところでは一番かかりません、使用できるものなのか?状態がどうなのか?また、依頼したショップの在庫状況などにより買い取ってもらえるかが変わります、訪問買取の場合訪問までに時間のかかるところもあるようなので数か所にTELしてみるといいと思います。

一般の回収業者へ依頼する:不用品回収・買取・片付け 等で検索すると沢山出てきます、即日訪問してくれるところも多く、急に処理しなければいけない場合助かるのですが費用面では一番かかると思ってください、検索の際も数ページ見る事をお勧めします。また、市の回収を依頼する金額の5倍~10倍がほとんどです、高いか安いかは依頼される方の判断によりますので、金額面は詳しく聞かれてください。

※民間処理業者へ持ち込みが出来る場合も有ります、本や新聞紙などの紙類やスチールレンジ台・ロッカー・パイプベッドなど金属資源は一般持ち込みをしてくれるところも有ります、「スクラップ買取」などで検索してはいかがでしょうか?

http://www.recycle-net.info/ 福嶋商店:こちらは利用したことがあり電話・現地対応など良かったです。

一般廃棄物許可業者へ依頼:引っ越しや片付けで沢山のごみが出る場合は1㎥あたり4070円+1kgあたり14円で処理できます、こちらに相談される事も検討してはいかがでしょうか?

福岡市事業用環境協会https://kankyou.fukuokashi.jp/

まとめると結局?

福岡市のごみ出し事情に関しては他の市町村と比べても非常に良いと思います、粗大ごみにて処理する時間がある、運び手がいて車もある、といった場合は市での処理を活用するのが最善です! また、ごみ全般分別は少なく回収も夜中に行われており効率的です、日ごろから不要なものを貯めず都度処理・売却をしておくことが大事です。

とは言え、急な転勤や引っ越しで大きなものを減らしたいというケースは必ずあります、まずは売却・譲渡出来ないか?を試しつつ、処理するならいつになるのか?燃えないゴミ回収は月1回なので、収集に出せるのか?集積場へ持ち込まないといけないのか?日程を計画し、無駄な出費と廃棄物の削減が出来るよう計画されてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です